株式会社ハッピートークでは、弊社製品の性能を数値として評価するために
研究機関に様々な実証実験や比較実証実験を依頼しております。
こちらでは、その一例をご紹介します。

生体ストレス軽減効果試験について

ゼロ磁場発生シールの生体ストレス度低減効果を確認するため、使用前・使用後の比較検証を行いました。通常時とゼロ磁場発生シールを貼付け使用時のストレス度の変化を唾液の測定によって数値化しました。

測定機器:アミラーゼモニター・株式会社ニプロ社製/2018.04遠赤外線応用研究

生体ストレス度測定値
- 使用前 使用60分後 低減値
ゼロ磁場発生シール 49 44 -5

わずか60分で生体ストレス度測定値が約13%も減少。健康の目安である「ストレス度」を顕現する効果を期待できる。

抗酸化向上効果試験について

ゼロ磁場発生シールの生体の抗酸化向上効果を確認するため、使用前・使用後の比較検証を行いました。通常時とゼロ磁場発生シール貼付け使用時の変化を酸化還元電位を測定することで数値化しました。

測定機器:唾液酸化還元測定機・株式会社リプアンドラブ社製/2018.04遠赤外線応用研究会

生体酸化還元電位測定値
- 使用前 使用60分後 増減値
ゼロ磁場発生シール 86 75 -11

わずか60分で生体酸化還元電位測定値が約11%減少。アンチエイジングに非常に重要な「抗酸化力」を向上させる効果が期待できる。

PM2.5除去効果について

ゼロ磁場について、PM2.5の除去効果を確認するための検証を行いました。PM2.5を入れた空間にゼロ磁場加工をしたペンダントを入れた場合の変化を数値化しました。

測定機器:DC110プロB型・DYDOS CORPORATION製/2018.04遠赤外線応用研究会

PM2.5除去性の試験測結果
 
経過時間

除去率
初期濃度 30分後 60分後
ゼロ磁場発生ペンダント 100 75.2 60.7 39.3
空試験 100 93.4 86.7 13.3

わずか60分で除去率に26%もの差が出ました。PM2.5除去にはかなり効果があることがわかります。

PM2.5除去効果について

ゼロ磁場の脳波測定試験について

ゼロ磁場を使用することによって脳波にどのような変化が起こるのか検証を行いました。ゼロ磁場ペンダントを未着用の場合と着用した場合の変化を数値化し、比較をしました。

測定機器:生体信号処理装置ALPHA MASTER・フットテクノ製/2018.06遠赤外線応用研究会
脳波の種類
α波(アルファ波):落ち着いている・集中している・リラックスしている状態で発生
β波(ベータ波):ストレス・緊張・イライラしている状態で発生
θ波(シータ波):熟睡と起きている中間のまどろんでいる状態。閃き・洞察力が向上している状態で発生

脳波スペクトル変化試験結果
- θ波 α波 β波 α波の増減値
着用前 3.3 15 81.7 +16.7
着用60分後 5 31.7 60

わずか60分の着用でα波は倍増し、非常にリラックス効果が高いことがわかります。β波は20%以上軽減し、ストレスや緊張を緩和しています。またθ波は1.5倍以上増加しており、閃き・洞察力の力までも向上しました。
このことからゼロ磁場を使用することにより生体にリラックス効果・ストレス軽減効果があることがわかります。

睡眠改善効果試験について

ゼロ磁場を使用することによって睡眠にそのような変化が起こるのか検証を行いました。ゼロ磁場マットを枕の下に敷いていない場合と敷いている場合の変化を数値化し、比較をしました。

測定機器:DC110プロB型・DYDOS CORPORATION製/2018.04遠赤外線応用研究会

睡眠試験結果 測定値
- ゼロ磁場発生マット 普通の枕 平均増減値
入眠潜時(寝つき) 9分00秒 14分00秒 -5分
覚醒(中途覚醒) 1時間2分30秒 1時間13分00秒 -11分
深睡眠 1時間32分30秒
(19.4%)
1時間20分00秒
(17.4%)
+12分30秒

平均して入眠時間が約30%早くなりました。また、中途覚醒は減少し、深睡眠時間は増幅しました。このことからゼロ磁場マットを使用することで睡眠改善効果があることがわかります。

トルマリンゴの脳波測定試験について

トルマリンゴを使用することによって脳波にどのような変化が起こるのか検証を行いました。トルマリンゴを未使用の場合と左手に乗せた場合の変化を数値化し、比較をしました。

測定機器:生体信号処理装置ALPHA MASTER・フットテクノ製/2018.06遠赤外線応用研究会
脳波の種類
α波(アルファ波):落ち着いている・集中している・リラックスしている状態で発生
β波(ベータ波):ストレス・緊張・イライラしている状態で発生
θ波(シータ波):熟睡と起きている中間のまどろんでいる状態。閃き・洞察力が向上している状態で発生

脳波スペクトル変化試験結果
- θ波 α波 β波 α波の増減値
使用前 6.7 18.3 71.7 +13.4
使用60分後 5.0 31.7 60

わずか60分の着用でα波は倍増し、非常にリラックス効果が高いことがわかります。β波は10%以上軽減し、ストレスや緊張を緩和しています。
このことからトルマリンゴを使用することにより生体にリラックス効果・ストレス軽減効果があることがわかります。